不安?未来把握について

MUPカレッジ
ZakiZaki
ZakiZaki

今回は未来把握という内容についてのアウトプットです。

安定した企業で働いていて安定した生活を送れていても今後どうなるかわかりません。

この記事を読むことで今後どうなっていくかを知る機会にもなります。

また、考えた上で自分がどうすべきか見直すきっかけにもなると思います。

数分で読めますので最後まで読んでいただけると幸いです。

結論:ホワイトカラーの大リストラ時代ホワイトカラー)とは?

 →サラリーマンの大リストラ時代がやってくる

大企業安定論崩壊

「この先、国や企業が自分や家族を守ってくれるから安心」

昔はこの考え方で良かったかもしれません。

皆さんはこの先の未来についてどう考えておられますか?

不安要素ばかりですよね。

ではどのような不安要素があるか見ていきましょう。

・国の「定年雇用努力」義務化で民間企業に押し付け

・老後3,000万円貯めてくれと国が発言

・トヨタ社長、経団連会長の「終身雇用は無理」発言

・大手に勤めて終身安定はおばあちゃん世代の考え

・日系企業が外資企業の経営方針になりスキルのない人間は淘汰

・結婚、育児、住宅、車、介護、自分の老後

このような背景から、国にも企業にも頼れない時代になってきており、自分だけに頼らなければいけない時代です。この状況を理解して自分は何をしなければいけないのか考えることが重要となります。

外国人人材の受け入れ

現在、高齢化による年金肩車時代になっています。

気付けばコンビニ、工場、介護、さらに企業の中枢である経営戦略室まで外国人になっていきます。

落ち込む市場に海外展開が急速に進み、経営陣の思考も外国人に変わっていきます。

これからは人件費も安く、自分よりスキルのある外国人がどんどん入ってきます。

そうなった場合、自分の価値は?

スキルのない人間が淘汰されていきます。

自分にスキルという価値をつけていけないと生きていけない時代が来ています。

AIという名のライバル

・機織り機登場による大量解雇時代と同じ

・株式会社なのに株式について知らない人が多い

・みずほ銀行自動化による大量解雇

何が言いたいかというと、株主はあなた自身を知らないということです。社長や上司はあなたに子供がいるなど知っているかもしれませんが、株主にとっては関係ありません。AIによって自動化させたり効率化することで利益を生み、結果株主は配当を得ます。よって機械化され、利益が上がればあなたは不要となる。残酷ですがこれが現実です。

まとめ

・大手企業にいれば安定、どうにかなるという考えは危険

・国も企業も面倒みてくれない

・スキルのない人間は淘汰

私たちは「自己変革するか」「絶望的な未来を送るか」という状況でどちらか選択しなければいけない状況になってきています。ではどうしたらいいの?何をすればいいの?と思うかもしれませんが、学びをやめないことがまず誰にでもできることと言えると思います。自分自身に、家族に絶望的な未来を一緒に過ごさせたくないのなら行動しましょう。これはアウトプット記事を書きながら私自身にも言い聞かせています。発信しましょう。将来への投資をしていきましょう。

ZakiZaki
ZakiZaki

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました